弊社にて保険のご契約をいただき、ありがとうございます。
マネーや暮らしに役立つ情報をお届けさせていただきます。

2022年に「iDeCo(個人型確定拠出年金)」、
2024年に「NISA(少額投資非課税制度)」と、
ここ数年で資産形成を後押しする制度について
要件が緩和されるなど、活用の幅が広がりました。

NISAは、老後のみでなく
様々な目的で資産形成を行える「少額投資非課税制度」です。

iDeCoは自分で掛金を拠出して運用し、
資産形成を行える「年金制度」です。

どちらも個人の資産形成を促進するための制度で、
運用して得た利益が「非課税」である点は共通していますが、
以下のような違いがあります。

1.対象年齢
新NISA:18歳以上の成人
iDeCo:原則20歳以上65歳未満 ※
※厚生年金の被保険者、または
国民年金の任意加入被保険者の場合

2.運用期間
新NISA:無期限
iDeCo:最長75歳まで

3.年間の非課税投資枠
新NISA:【つみたて投資枠】120万円 【成長投資枠】240万円
iDeCo:加入条件によって、14万4,000円-81万6,000円

4.引き出しの時期
新NISA:いつでも引き出し可能
iDeCo:原則60歳以降に引き出し可能

5.対象商品
新NISA:株式や投資信託など
iDeCo:投資信託や定期預金、保険商品

どちらの制度もメリット・デメリットがあり、
出費負担はありますが、併用することも可能です。

ご自身のライフスタイルや目的に合わせた
運用商品の選択が大切です。

ライフステージの変化と共に定期的な見直しが必要ですので、
気になる方はお気軽にご相談ください。

<ご参考までに>
厚生労働省サイト:iDeCoとNISAの比較

金融庁サイト:新NISAとは?

NISAを知る : 金融庁

NISA(少額投資非課税制度)について学びましょう。

iDeCo公式サイト:iDeCoってなに?

 

─────────────────────────────────────────

配信停止はこちら

 

Eメールへ切替をご希望の方はこちら